中建国保の健診事業

特定健診・特定保健指導とは

基本健診、がん検診、胸部直接レントゲン撮影を3本柱に実施

 平成20年度から「高齢者の医療の確保に関する法律」により、健康診査(健診)の制度が大きく変わりました。これからは、生活習慣病予防の徹底を図るた め、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診が実施されます。中建国保では、「基本健診」、「がん検診」(島根県支部では、大腸がん健診)、「胸部直接レントゲン撮影」を3本柱として健診を実施しています。
今までは市町村が主体となっていましたが、これからは保険者(中建国保)が主体となって健診事業を行います。中建国保の場合は、集団健診を基本としていますので、組合員の皆様方は、各支部からのお知らせで受診日等をご確認ください。
 集団健診の結果、40歳以上の方で、生活習慣病にならないようにするための保健指導が必要な方には、希望により中建国保が費用を負担して、個別に保健指導(健診結果説明会)を受けることができます。
 集団健診の他にも、職業病対策として、胸部直接レントゲンのアスベスト読影、その後のフォローアップ診療にも取り組んでいます。
 なお、29年度も基本検査項目の血液検査の中に「膵機能検査」(アミラーゼ)を追加して実施します。そして、オプション検査についても、昨年度同様、血液検査による「前立腺がん検査」(自己負担2,000円、健診当日支払い)、レントゲン撮影による「胃がん検査」(自己負担3,500円、健診当日支払い)、胸部読影による「アスベスト検査」(自己負担なし、40歳以上組合員、60歳以上家族)、血液検査による「卵巣がん、婦人科系疾患検査」(自己負担2,000円、健診日当日支払い)があります。
 また、若い世代に健診を受けていただくきっかけづくりとなるよう、「郵送による大腸がん検診」を実施します。28年度に健診を受けていない方のうち、29年度に35歳と40歳の誕生日を迎える方を対象に申込用紙を送付します。検診費用は郵送料含め中建国保が全額負担します。

健診事業一覧表

特定健診
(1)組合員40歳以上75歳未満
(2)家族40歳以上75歳未満
(3)基本健診、追加健診として胸部直接レントゲン撮影、各種がん検診を含めて1万500円を限度にかかった費用の実費を費用負担
一般健診
(1)組合員40歳未満
(2)家族20以上40歳未満
(3)基本健診、追加健診として胸部直接レントゲン撮影、各種がん検診を含めて1万500円を限度にかかった費用の実費を費用負担
特定保健指導特定健診を受診した結果、「動機付け支援」「積極的支援」の対象者となり、指導中に継続して資格がある人。動機付け支援は1万500円(税込)、積極的支援3万1000円(税込)を限度に費用負担します。
その他補助40歳以上の組合員及び家族が人間ドックを個人で受診した場合に1万500円を限度にかかった費用の実費を負担します(年度内1回)。ただし、一般健診・特定健診を受診して補助を受けた場合は対象外となります。
申請必要書類
(1)健康審査補助金申請書(個人用)
(2)健診内容が確認できる領収書等
(3)特定健診対象者については、基本健診項目を含んだ結果表および質問票

島根県支部集団健診・健診結果説明会カレンダー(実施予定表)

2017年10月
1
2
3
4
△フォローアップ診療平田会場
△フォローアップ診療出雲会場
5
6
7
☆川本会場
☆飯南会場
8
☆奥出雲会場
□健診結果説明会平田会場
9
10
11
☆益田会場1
12
☆益田会場2
13
☆益田会場3
14
□健診結果説明会大田会場
15
16
17
18
19
20
21
□健診結果説明会出雲会場
22
23
24
☆浜田会場1
☆浜田会場2
25
26
27
28
29
30
31
※組合員・ご家族全員が受診対象です。
※詳細は案内文書でご確認ください。
※保健師、管理栄養士など指導員により健診結果の説明を交えながら結果を返却します。
※該当者のみ対象。じん肺再読影結果報告及び相談会です。

特定健診Q&A

組合で健診を受けたいのですが、費用負担はありますか?
組合の健診で基本健診と胸部直接レントゲン撮影を受けて、がん検診だけ別の日に別の健診機関で受けることはできますか?
特定健診の基本項目とはどんな内容ですか?
集団健診に参加できないのですが、どうすればよいのですか?
毎年、事業所健診を実施していますが、中建国保に補助金を申請できますか?